訪問部

<「アロハ」ってね、の巻~プルメリア姫と歌おう!~>

ハメハメハ大王がつくしたちに、海の歌姫「プルメリア姫」を紹介してくれました。プルメリア姫は、「アロハ」には「ありがとう」や「思いやり」という意味があることや、「アロハオエ」の歌には、みんなに感謝して、親切に助け合うという意味も込められていることを話してくれました。つくしとハメハメハ大王とプルメリア姫は心を込めて「アロハオエ」を歌いました。

 日々の授業では、プルメリア姫が教えてくれた「アロハ~」のあいさつを真似してみたり、「アロハオエ」を歌ったり、楽しんでいます。校長先生から差し出された「砂」や「貝」に色付けした仲間もいます。どんな色にしたのかな?みんなのことが気になってきましたね。