部活動
埼玉県立和光特別支援学校の部活動等の在り方に関する方針について


1活動の基本方針
 (1)学習活動と部活動等との両立をとおして、充実した学校生活の実践を図る。
 (2)計画的で効果的な部活動等の実践をとおして、児童生徒の心身の健康の増進を図る。
 (3)部活動等の経験をとおして、本校卒業後に送る社会生活の充実を図る。

2指導体制の整備について
 (1)各活動担当が、その活動の性格を踏まえ、活動方針、活動計画、活動報告書を作成する
 (2)作成した計画等については、請求があったときに公表する。
 (3)管理職は適宜活動の視察を実施し、必要に応じて活動担当と面談等を実施する。
 (4)各活動団体とも必要に応じて複数の担当者による指導体制を整える。
 (5)外部指導者については必要に応じて活用し、専門的な指導を児童生徒に提供する。

3具体的な活動の進め方について
 (1)各活動担当者は施設や設備の点検を定期的に実施し、事故の防止に努める。
 (2)管理職は体罰やハラスメントの根絶を目指し、必要に応じて職員研修等を実施する。
 (3)職員会議等の機会を活用し、定期的に情報交換を行う。
 (4)児童生徒間のいじめやトラブル等の防止のため、活動担当者の他、関係者・機関等の連携を図る。
 (5)事故防止のため、教職員全員が参加する心肺蘇生法やAED使用の研修会等を実施する。
 (6)各活動担当者は、効果的で安全な練習メニューを作成し、必要に応じて関係する校内研修や校外で実施される研修会・講習会等に参加する。
 (7)活動費用を徴収する際は、管理職の指導の下、通知等により保護者の理解を得ると共に、会計報告を行うなど適正な処理を実施する。

4適切な休養日等の設定について
 (1)原則として週2日以上の休養日を設ける(平日1日以上かつ土日いずれか1日以上)。対外試合等のためこれを実施できない場合は、年間を通して104日以上(年間52週として)の休養日を確保する。
 (2)(1)に限らず、定期考査や運動会等校内行事等を鑑みて、必要に応じて一定期間の活動禁止期間を設ける。
 (3)活動時間は準備時間やウォーミングアップ、クールダウン時間を含めないが、平日は2時間程度、休業日は3時間程度とする。
 (4)長期休業中は、(1)の休養日の設定に準じると共に、連続する3日以上の休養日を設定する。
 (5)大会やコンクール等の参加については十分精査し、負担軽減を図る。
 (6)活動においては実施環境に気を配り、高温下での練習等は控える。特に熱中症予防を踏まえてた暑さ指数を指標とし、WBGT31 ℃以上は原則運動禁止、WBGT28 31 ℃で活動する場合は、頻繁に休息を入れながら児童 生徒の体調変化に注意して活動する。


部活動指導方針.pdf
※本校には、現在部活動はありません。(令和2年度現在)