教科書選定基本方針
【令和2年度用 使用教科書選定理由書】

 
 本校では、児童生徒が「自分らしく、豊かに生きる力を育む学校」を目指し、学習・学校行事の中で児童生徒一人一人の良さを発見し認め、個性を最大限に伸ばす指導を心掛けている。
 本校の児童生徒は、障害の程度に合わせて類型Ⅰ~類型Ⅳの四つの教育課程に分かれて学習している。医療的ケアを必要としている児童生徒も在籍しており、障害の種類や程度、特性が多様である。そのため、個々の目標に即した適切な指導をしている。また、小学部から高等部までの12年間、本校で学習する児童生徒が多数在籍している。そのため、類型ごとの目指す児童生徒像を指針とし、系統性のある教育課程を意識して指導している。

 これらを踏まえ、以下の点などに配慮しながら教科書を選定している。
〇学習指導要領に示されている目標を達成するために必要な内容であること
〇児童生徒の障害の種類や程度、特性に合わせ、文字や挿絵、題材等が相応しいものであること
〇児童生徒にとって興味関心が持ちやすく、配列や表示方法等の工夫がされていること


令和2年度用 使用教科書選定理由書.pdf